言いたか放題

何にでもひとこと言わせて下さい。

さあ、今度は日本が動く番だ。

 韓国政府は慰安婦財団の解散を発表した。これに対して安倍首相は、「韓国には国際社会の一員として責任ある対応を望みたい」と述べた。また河野外相も「日韓合意に照らして問題であり、到底受け入れられない」と述べた。
 そうは言っても慰安婦財団は解散した。日本がいくら「望みたい」と言ったところで、元に戻る話ではない。また日本の話を聞く相手でもない。日本政府は、未練がましく過去に拘泥するのではなく、起こってしまったことに、時期を逸することなく対策を講じることだ。
 韓国の出方を見るなどという悠長な対応ではなく、日本の毅然とした対抗策を、世界に向けて表明することが大事。「あの紳士的で温厚な日本が、ついにこんな対抗策に打って出た」と世界のマスコミがトップニュースにするくらいの策を表明してもらいたいものだ。

日韓関係、「戦略的放置」でいきましょう。

 韓国政府が慰安婦問題をめぐる平成27年末の日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の解散を21日に発表すると日本政府に伝えてきたことが20日、分かった。日本政府は解散は受け入れられないとの立場で、韓国側が発表すれば直ちに厳重抗議を検討している。厳重に抗議しても、これが年中行事化しているので韓国はまったく意に介しない、その気もない。日本国民も厳重抗議という言葉を聞いても、「またか」ぐらいの認識しかない。
 韓国は間違いなく財団を解散させる。徴用工判決のこともあり、日韓関係は冷え切ってしまうだろう。それでいいではないか。原因者は韓国だ。日本は何も心配することはない。日韓関係が冷え切ってもその影響もほとんどない。「韓国のことは知らん。勝手にして」という態度でいいと思う。日本政府は、もうこの辺で韓国への執着を捨てたらいい。自民党のなかには、日本のことよりも韓国のほうに重心を置いている売国奴議員が少なからずいるが、そんな死期の近い汚物議員など気にすることはない。駐韓大使を召還して、日韓関係をいったん停止して冷却期間を設ける。これも「戦略的放置」だ。
 韓国がどこまで持ちこたえられるか、お手並み拝見といきましょうか。

徴用工判決。石破茂はどう思っているのか。

 石破茂元幹事長は、18日ソウルで開かれたフォーラムで演説し、「(先の)戦争中の朝鮮の人々の雇用をめぐる韓国最高裁判決は日本人にとって大きな驚きをもたらした。海上自衛隊の船が海自の旗を掲げて入港することを拒否され、(韓国を)訪問を実現できなかったことは残念だった」と述べた。
 まあなんとお上品な物言いでしょうか。「大きな驚き」、「残念だった」という言葉で、日本国民の感情を代弁してはいけませんね。この言葉からは何も、日本国民の怒りが伝わりませんよ。「こんな問題でも日本人は怒っていませんよ、それよりも日韓友好が大事です」とでも言いたかったのか虫歯茂は。
 フォーラムの基調演説ということで、感情的な表現を避けたつもりだろうが、その気遣いも場合による。今回は、断交になってもおかしくない重大事だ。日本政府の意思および日本国民の感情を率直に伝えるのも、政権与党に身を置く有力議員の使命ではないか。やっぱり虫歯茂、もとい石破茂は宰相の器ではないね。この場で、韓国が苦虫を潰すような顔になる演説ができれば、少しは見直したけど。
 徴用工判決の後に、韓国から招へいされ基調演説するくらいだから、韓国からすれば安全パイという評価なのだろう。つまり、韓国にとって都合のいいお友達っていうわけだ。逆に言えば、日本にとって都合の悪い議員ってことだよね。
 虫歯(石破)は早く治療しない(党を追い出さない)と、ほかの歯にもうつる(他の自民党議員を自派に勧誘)し、歯槽膿漏になり(自民党が弱体化し)、歯が全部抜ける(自民党が消滅または下野する)。
 石破茂は要注意だよ。どこか日本の「文在寅」に見えるのよねー。